脂肪を分解する注射のメリットとデメリット

Posted on 6月 10, 2016 in その他

痩身効果がある美容施術には様々な方法がありますが、その中の一つに、皮下脂肪に脂肪を溶かす薬を注入するというやり方があります。極細の注射針で薬液を注入し、脂肪を分解するために、切開手術のように皮膚にダメージを負わせることはありません。注射するだけの方法であるため、施術時間は10分程度で終わってしまうという手軽さが人気の理由になっています。脂肪を切除する方法では、皮膚の痛みや腫れが心配になりますが、脂肪分解効果がある注射をするだけなら安心です。メスを皮膚に入れるものではないので、身体にかかる負荷を抑えることができますし、安心して施術がうけられます。施術後すぐに普段通りの生活を送ることができるので、忙しくてあまり時間が確保できない人でも施術を受けられます。様々なアプローチでダイエットを続けてきたけれど、どうしても減らせなかった脂肪があるという人には、脂肪分解注射はぴったりの方法です。脂肪分解注射は、スケジュールがぎっしりと詰まっている生活をしている中て、脂肪の除去施術をしたい人でも受けられます。デメリットは、どれだけサイズダウンしたいという部分であっても、その部分についている脂肪が少ない時には施術ができないことです。施術後しばらく、脂肪分解をした場所にあざや、腫れができることがあり、部位によっては目立ってしまいます。大抵は、メイクでカバーすればカムフラージュが可能なのですが、お肌のコンディションや、体の状態によっては濃くなりすぎたりします。万が一のことを考えて外出する機会が少ないタイミングで、脂肪分解の施術を受けるようにすると安心です。
http://smack-agency.com