脂肪を分解するときのメカニズムについて

Posted on 6月 10, 2016 in その他

体脂肪が、どんな手順でエネルギーになり、消費されるのかを知ることが、ダイエットを行う上では重要です。無闇にダイエットを行っていても、体重を減らすことができないばかりでなく、体調不良の原因になることもあります。体の状態を知ることで、どんなダイエットが自分に合うかもわかります。脂肪を燃やすために必要な栄養を食事からきちんととることと、脂肪燃焼を促すための運動をすることが、体脂肪を減らすための基本的な考え方になります。カロリーオーバーの食事や、運動量の少ない生活をしていると、ダイエット効率が悪くなってしまうでしょう。運動をしない日々を送っていたり、暴飲暴食を繰り返していると、ますます太ります。血糖値が高い時には、運動をして体をあたため、汗をたくさんかくことで、血液中の糖を消費することが可能です。一時的に血糖値が引くくなると、体内に蓄積されていた脂肪を血液中に供給するために、グルカゴンというホルモンが活動を開始します。体の中に蓄積されていた体脂肪は、グルカゴンの支持で活発に動くようになったリパーゼの効果で、脂肪酸とグリセリンになります。筋肉を伸縮させるためにはエネルギーが必要ですので、脂肪からできたグリセリンと脂肪酸は、血流に乗って筋肉へと送られます。ダイエットを行う時には、血糖値の状態が上がりすぎず、下がりすぎずの範囲にあることを、確認しておくことです。人間の体内にはインシュリンというホルモンが存在しており、インシュリンが活発に動くと血糖値を下げることが可能なので、インシュリンの機能を考慮に入れることも大事です。
http://sewwug.com